トップ カリキュラム スポーツフェスティバル マラソン大会 授業の様子 特別保健授業

2017年マラソン大会


 マラソン大会は、冬季における耐寒訓練により体力の向上、健全な精神の育成を図ることを目的とし、完走によって得られる喜びを味わって欲しいと考えています。3学期の体育の授業は、全学年がマラソン大会に向けて持久走の練習に入ります。 
 今年のマラソン大会も、昨年同様の天候にも恵まれ、応援に駆けつけた保護者の方々にとっては最高の小春日和でした。しかし、長距離を走る生徒達にとっては少し暑すぎるくらいで消耗が激しかったかも知れません。


 本校のマラソン大会は、体育の授業で測定した2000Mのタイムに従って、シード選手とスタート順が決めていきます。当日は、足首にICチップを付けてスタートし、ゴールすることによってタイムが測定され順位が決まっていきます。そして、記念として記録賞が配布されるシステムを採用しています。

 競技中には、途中で転倒して膝をすりむいたり腹痛で棄権した生徒が若干おりましたが、大きな事故もなく無事終了することができたことは大変に喜ばしいことです。近隣の学校ではマラソン大会を中止にしている中、本校では、事前にマラソンコースに「マラソン大会開催のお知らせ」という看板を立てて、一般の方々のご協力を仰ぎ、できるだけマラソン大会が継続できるように努めております。また、一般の方々にも分かるようにコース上に立つ教職員にはお揃いのウィンドブレーカーを着用してもらうなどの工夫もされました。



高校男子上位30名
高校女子上位20名
中学男子上位30名
中学女子上位20名