本校の教育目標のなかで最も大切にしているのが”自調自考”です。自らの体で調べ、自らの心で考えるという”調と考”が建学の精神となっています。
例えば、修学旅行・宿泊研修・校外学習など、そのほとんどが現地集合・現地解散であること。生徒たちは自分で現地の情報やルートを調べ、自分でスケジュールを考え、そして行動します。
これらの行事を通じ、一人ひとりの生徒が思いやりのある心・向上心・主体性にあふれる個性豊かな人間となることを目指しています。

自調自考の力を伸ばす

本校でもっとも大切にしている目標です。「自らの手で調べ、自らの頭で考える」何事にもあきらめることなく、積極的に取り組むことのできる人間の育成を目指します。

倫理感を正しく育てる

自分の立場だけでなく他をも尊重すること、知識だけではなく行動に示せること、人として何が正しく、何が善であるかを判断する力を身につける「感性」の成長をはかります。

国際人としての資質を養う

本校は国際的に開かれた学校です。海外留学や、帰国生・留学生の受け入れ、外国人や社会人の先生、海外との文化交流など、幅広い教養を身につける環境があります。